分譲賃貸についてのアレコレ

最近では自分で賃貸物件を所有して経営する人が多いですが、ここで気をつけなければ行けない事について書いていきます

What's New
分譲賃貸についてのアレコレ

自分で賃貸を管理して経営するために

最近では多くの人が新たな収入源として賃貸物件を所有してくるという人が集中しています。しかしこうした物件を所有するときに気をつけないといけないポイントがいくつもあります。これを失敗してしまうとお金を生み出すところか損をしてしまう事があります。まず気をつけないといけないのは節税が出来ると考えている事です。これは多くの賃貸の物件を購入するときに現金一括で購入できる人はほとんどいないです。しかもマンションやアパート等一棟丸ごと買うとなると、借り入れを行なう必要があります。そこでこうした借り入れを行なった場合には借りた金額に利子を付けて返済する必要があります。

そしてこうした利息は経費で落ちるからと考えていると、知らない間に税金が高くなっていき、いつも以上に資金繰りが苦しくなるという事があります。これは元利均等返済方式でのことで利息が少なくなる代わりに住民税等が上がるためです。そして投資をするためにお金をかけて綺麗にしたり手を入れたとしてもこれが入居者の増加に結びつかない事もあります。そのため資金の回収がしづらいということがあります。そして家賃を上げても入居者が離れていったり新規が来なくなると困るためなかなか出来ないです。そのため収入は変わらなくても出て行くお金が増えるため思った以上に儲からないという事があります。

注目の情報

Copyright (C)2017分譲賃貸についてのアレコレ.All rights reserved.