分譲賃貸についてのアレコレ

賃貸マンションでの退居時に起こる現状回復費用のトラブルは都道府県の窓口、弁護士に相談することがいいでしょう。

What's New
分譲賃貸についてのアレコレ

賃貸物件でのトラブル解決方法

賃貸マンションなどの不動産物件において、トラブルとなるケースが一番多いのは退居時の原状回復費用なのです。敷金から差し引かれたりしますが、更なる請求をされるケースもあるのです。このようなトラブルでの問題は、大家と退去者との原状回復場所の違い、程度の認識違いです。

政府も原状回復を行なう必要性は認めておりますが、経年劣化のように年齢による劣化、設備を置いた置き後、壁やフローリングの日焼けは、大家である貸主が行なうのです。それに対して、過失によるきず、汚れなどは借主が行なわなければいけません。しかし、借主、貸主で入居契約時に契約書で一方的に借主に負担を強いるのであれば、その契約は無効になります。しかし、このようなトラブルは借主、貸主だけでは解決しない可能性がありますので、第3者を入れるのがいいでしょう。

都道府県には賃貸住宅に関するトラブルを受け付ける部署があります。都道府県のホームページに記載されていますので、電話してみることもお勧めします。行政指導が入るケースもありますし、弁護士なども相談に応じてくれるケースもあります。契約だからと言って泣き寝入りすることもありません。まずは、相談することをお勧めします。

注目の情報

Copyright (C)2017分譲賃貸についてのアレコレ.All rights reserved.