分譲賃貸についてのアレコレ

賃貸物件での内見には間取り図、寸法を測るためのメジャー、写真撮影のためのカメラが必要になります。

What's New
分譲賃貸についてのアレコレ

賃貸物件の内見について

賃貸マンション、アパートを決める時には実際の物件を見て決めるのですが、近年は、インターネットなどで事前に間取りを確認することができるのです。しかし、ネットだけで判断するのは危険ですので、実際にマンションの内装、外装を見て決めることは大切なのです。部屋の内見にはチェックしないといけないことがあります。

賃貸の内見には、当然間取り図は必要になりますが、写真を撮影するためのカメラ、寸法を測るためのメジャーが必要になります。まずは部屋が間取り図通りであることチェックします。洗濯機置き場が、冷蔵庫置き場が無かったりと間取り図と実際のレイアウトが違うことがあるからです。また、寸法が違うケースがあります。家具、家電を持ち込みますので、玄関、廊下の幅は重要になります。間取り図には無い寸法は自分で図らなければなりません。玄関から入らない時は窓からになりますので引越しにかかる費用が変わってくるのです。

写真は入居前の状態を確認するために必要となります。退居時には原状回復を行なうのですが、その時の比較するための資料になります。原状回復は賃貸物件でのトラブルの1番なのです。そこの対策をするためにも写真を撮っておくことが大切なのです。

Copyright (C)2017分譲賃貸についてのアレコレ.All rights reserved.