分譲賃貸についてのアレコレ

賃貸契約をする際には、必ず災害に遭った時の為に、消火器の場所や避難経路などを確認しておきましょう。

What's New
分譲賃貸についてのアレコレ

賃貸契約をする際には、避難経路などを確認しよう

賃貸契約をする前にする内見で、しっかりと見ておきたいポイントは、部屋の間取り以外にも沢山あります。その中でも、特に消火器の場所と使い方に関しては、いざという時に役に立ちますので、必ず確認しておくようにしましょう。特に、マンションなどの集合住宅の場合ですと、共用の廊下部分に消火器が設置されているケースが多いので、事前にしっかりと場所を確認しておくことが重要です。また、普段から消火器を使うケースは非常に稀ですので、いざという時の為に、使い方をしっかりと調べておくことも重要です。

そして、マンションの高層階に引越しを考えている人は、地震や火事が起こった際の避難経路もしっかりと確認しておきましょう。当然ですが、災害が起こった際には、エレベーターを使う事は出来ません。ですので、上の階になればなるほど、非難をする時に、迅速な行動をしなくてはいけないのです。何かあった時に、何処に何があるのか解らないという事では、逃げ遅れてしまう可能性がありますので、注意が必要です。お部屋の中に、避難用のはしごなどがある場合は、事前に使えるのかどうか確認をして、定期点検は必ず受けるようにしましょう。定期点検は、平日の昼間に行う可能性があります。もしも忙しくて立ち会えないという場合は、事前に相談をしてみましょう。

Copyright (C)2017分譲賃貸についてのアレコレ.All rights reserved.