分譲賃貸についてのアレコレ

賃貸入居審査が済むと10日前後で本契約に進みます。費用や必要書類について事前に確認し効率よくそろえておきます。

What's New
分譲賃貸についてのアレコレ

分譲賃貸についてのアレコレ

賃貸物件に申込み手続きをすると、貸し手や不動産会社による入居審査があります。この審査で、家賃の支払い等に問題がなく物件を貸すにふさわしいと判断されると正式な契約に進みます。審査が済むと、大体10日前後で正式な契約書を取り交わすケースが多くなっています。正式な契約の時には、初期費用も支払いますし必要な書類も何点かあります。段取りよくそろえるためには、何が必要なのかを仲介してもらう不動産会社や貸主に確認しておく必要があります。申込みの後入居審査に何日かかかりますから、申込書を提出する時に必要な書類や費用について確認をし、審査の結果を待つ間にそろえておけば慌てなくてすみます。

まず、賃貸契約を結ぶときにはある程度まとまった金額の初期費用が必要です。この初期費用は敷金や礼金、仲介手数料、前家賃などですが、内訳や金額、いつまでにどんな方法で支払うのかを確認しておけば安心です。また、契約には公的書類や証明書も何点か必要になります。物件を借りると連帯保証人の住民票や印鑑証明、それに収入関係の書類などです。ケースによって必要な書類が変わることもありますので、一度で全てそろえられるように細かく確認しておきます。

Copyright (C)2016分譲賃貸についてのアレコレ.All rights reserved.